医療事務のお仕事について解説! 業務内容は?職場は?資格は必要?給与は?などの疑問にお答えします。

医療事務のお仕事について解説!

医療のお仕事に関するお役立ち情報 医療のお仕事、就職に関する情報をお届けします。

医療事務のお仕事について解説!業務内容は?職場は?資格は必要?などの疑問にお答えします。

Powered By ニチイ学館
2020.09.25

未経験でもはじめられて、雇用形態や要望に合わせて勤務時間の相談も比較的しやすく、「ワークライフバランスを重視したい」方にとって、希望に適った働きやすい人気のお仕事(職種)のひとつでもある医療事務。

 

この記事では、医療事務の具体的な仕事内容や求められるスキルや資格などについて紹介します。これから医療事務のお仕事をはじめようとしている方は、ぜひ、参考にしてください。

医療事務とは?

病院に行くとまず、「診察券と保険証を出してください」と受付カウンターのスタッフから声をかけられた経験があるでしょう。この受付や診察後の支払いの際に会計業務などを行うのが、医療事務のお仕事です。  
医療を事務面から支えるスペシャリストとして、医師や看護師が医療行為に専念できるよう、医療現場の事務仕事を行います。

 

具体的には、

・患者様の応対、受付処理

・医療費の計算

・会計 、診療報酬の請求
などがあります。

 

 

・医療事務で働くメリット

医療事務のメリットは、未経験でもはじめられ、年齢や性別の制限も基本的にないことです。また、医療事務の勤務先である医療機関は各地域にあることから、どの地域でも比較的求人が多く、自分の住居に近い病院を選んで「職住近接」を実現しやすいのが特長です。

 

他にも医療事務に必要な専門的な知識やスキルは、一度身につければ長く働くことが可能となります。結婚や出産・育児などの離職後もブランクを気にせず復帰できることもあり、ライフステージが変わりやすい女性に人気が高くなっています。

また、勤務時間についても、フルタイムに加えパートタイムが用意されているケースも多く、自分にあった働き方を選ぶことができます。

       

▼未経験・無資格でも、今すぐ働ける医療事務求人情報をチェック!

医療事務の仕事内容は?

・受付業務

受付で患者様をお迎えし、診察券や保険証、簡単な問診や紹介状の確認などを行います。 受付業務は、患者様が最初に接するスタッフで、「病院の顔」にもなります。患者様へのあたたかい声がけや待合室の「場」の雰囲気づくりなど、特に丁寧なコミュニケーションが求められます。

 

・会計業務

カルテと診療報酬点数表、患者様の加入している健康保険をもとに請求する金額を計算し、ミスのないように会計を行います。
最近では、電子カルテを利用する病院やクリニックが増え、コンピュータ入力によって自動的に金額が算出されるため、実際の計算はしないこともありますが、「正しい処理となっているか」の確認のためにも専門的な知識は必要です。

 

・レセプト作成、点検業務

レセプトとは、医療機関が健康保険組合などの保険者に医療費を請求するために、医療機関で行った処置や使用した薬剤を記載した明細書のことです。
請求は1ヵ月ごとにまとめて行います。審査機関へのレセプトの提出期限は、前月分が翌月10日までと決まっているので、月末月初はこのレセプト業務が忙しくなります。

 

医療事務の業務自体は、比較的固定されているので、「毎月、新しくやることが増える」ということは、あまりありません。決まった業務を正確に、丁寧に行うスキルが求められます。

医療事務の職場は?

医療事務は医療機関に勤務する形になりますが、医療機関にも種類があります。規模によって、医療事務としての働き方が異なるのでチェックしておきましょう。

 

充実した機器や設備で専門的な治療を行う「病院」

医療法では、入院できる患者様のベッドの数が20床以上ある医療機関を「病院」と呼びます。病院の中でも、中規模~大規模病院では患者様の来院数も多く、医療事務の人数も多くなります。特徴的なのは、医療事務の業務が分業制になること。医療事務のお仕事を「受付」「レセプト」「会計」などにわけ、各担当業務のみを行うことが多いようです。

 

街のかかりつけ医として地域医療を支える「クリニック(診療所)」

入院できる患者様のベッド数が19床以下、あるいは入院施設自体がない場合には「クリニック(診療所)」扱いになります。地域医療に根差したクリニック(診療所)では、地域の患者様が多い傾向にあります。定期的な通院も多いため、フレンドリーな対応が求められることも。1医療機関あたりの医療事務の人数自体は少なめですが、一連の業務に携わることができます。

 

街の歯医者さんとして身近な「歯科医院」

「受付」「レセプト」「会計」のほかに、予約制が多い歯科医院では、予約の受付やスケジュール管理なども行います。

 

厚生労働省『医療施設動態調査』※1によると、全国に病院は約8,300件、クリニックは約10万2,700件、歯科医院は約6万8,000件あります。医療事務は、全国各地に活躍の場があるのです。

※1 2020年医療施設動態調査(令和2年6月末概数)

医療事務に必要な資格は?

医療事務は未経験でも活躍できるお仕事ではありますが、資格を取得することで、あらかじめ医療事務の知識を身につけることができます。
採用選考の際には、基礎知識があることの証明になるため、選択肢の幅を広げ、希望に合う職場を探しやすくなります。また、スキルアップのためには、仕事に就いてからでも、医療事務関連の資格を取得しておくことをおすすめします。

 

【代表的な資格】

 

メディカル クラーク®(医科・医療事務)

医療関連の医療機関で事務運営に必要な、診療報酬請求業務や窓口業務など、医療事務職として求められる能力を備えていることを証明する資格です。

 

メディカル クラーク®(歯科・医療事務)

歯科関連の医療機関で事務運営に必要な、診療報酬請求事務業務や窓口業務など、歯科医療事務職として求められる能力を備えていることを証明する資格です。

 

医療事務の求人の中には、未経験者を募集しているものも多くあります。「わざわざ資格をとらなくても」と思うかもしれませんが、「全くの未経験で事前知識もゼロ」と「実務経験はないが、資格勉強や事前の研修を受けたので知識は身についている」では、スタートラインが違います。
未経験でスタートするからこそ、実務に触れる前に事前知識を備えておきたいものですね。

医療事務の就職をお考えのあなたへ

高齢社会を迎えたことにより医療事務の需要が高まっています。今後も医療に対するニーズは、増え続けることが予想されるため、将来にわたって安定して求められる職種といえるでしょう。

また、繰り返しになりますが、医療事務は、未経験・無資格からはじめられ、一度スキルを身につけると、全国どこの医療機関でも働けるのが特徴です。ライフステージの変化にも対応でき、一生のお仕事にもなり得ます。

 

1968年の創業から約50年間にわたり、医療事務のリーディングカンパニーとして全国に展開してきたニチイ学館では、現在、約8,000件の契約医療機関で約4万4,000人の仲間が働いています※2。(※2 2020年3月末現在)
スタッフへのサポート体制が充実しているのもニチイの特長です。「未経験なので不安」「資格はないけど、すぐに働きたい」といった方も、安心して働いていただける環境や制度が整っています。

 

入社後、医療機関でのお仕事に就く前に、医療事務で必要となる基礎知識の研修を実施。また、配属された後は、専任のOJT担当者がつき、医療事務の現場で必要となる知識・スキルの習得をサポート。働きながら資格取得も可能です。
さらに、教育制度や支援制度も充実しているため、さらなるキャリアアップを目指すこともできます。

 

医療事務は未経験からチャレンジできるお仕事ではありますが、安心してスタートするためにも、サポート体制の整った環境でのスタートをおすすめします。

© 2022 Copyright (C) NICHIIGAKKAN CO., LTD. All Rights Reserved. All Rights Reserved.